NURO光とは?メリットとデメリットをわかりやすく解説します

NURO光とは具体的にはどのようなサービスでしょうか。

NURO光のメリットとデメリットまで合わせて解説します。

NURO光はso-netが提供する光回線

NURO光は老舗プロバイダのso-netが提供する国内最速と言われた光回線です。

NURO光はケーブル自体はフレッツと同じ

あまり知られていませんが、NURO光はフレッツ光と同じ光ケーブルを利用しています。

それを応用した光回線となっているわけです。

G-PONを使って高速化

次世代接続方式であるG-PONを利用して高速化を実現。

非常に速いです。

下りは2Gbpsで非常に速い

NURO光の速度は下り最大2Gbpsと非常に速いです。

最近は最大10Gbpsのプランもあり人気です。

ベストエフォートでなく、実測値もかなり速い

NURO光の実測値はおおよそ数百Mbpsで非常に速いです。

エリアは関東・関西・東海と九州の一部

NURO光の対応エリアは限られており、

  • 関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)
  • 関西地方(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
  • 東海地方(愛知、静岡、岐阜、三重)
  • 九州(福岡、佐賀)

に限られています。

こちら対応している都府県でもエリア対象外となっているケースもあります。

NURO光のメリット

NURO光には以下のメリットがあります。

  • 回線速度が速い
  • Wi-Fi標準搭載
  • セキュリティも標準搭載
  • 月額料金も安くコスパが良い

非常に良質な回線です。

NURO光はとにかく回線速度が速い

とにかく回線速度が速いです。

Wi-Fi標準搭載で設定も不要

Wi-Fiが標準搭載されており、設定も不要です。

またNURO光のホームゲートウェイのWi-Fi性能はそこそこ高いです。

下りの最大速度は450Mbsで規格は一世代前のIEEE802.11nまで対応しています。最新規格には対応していませんが、十分速いです。

セキュリティも標準搭載

セキュリティソフトが自動で付帯しています。

月額料金も安くコスパが良い

月額料金は4,743円と他社に比べて安いです。一般的な光回線の月額料金は5,200円程度。Wi-Fiやセキュリティソフトがついてこの金額なのでかなりお得。

NURO光のデメリット

続いてデメリット。NURO光には以下のようなデメリットがあります。

  • 対象エリアが狭い
  • マンションタイプが少ないため他社に比べて高額
  • 工事費が高い(実質無料だが・・・)

対象エリアが狭く限られている

上述した通りNURO光は対象エリアが限られているため、対応エリアに住んでいない人は利用することができません。

マンションタイプが少ない

NURO光はマンションタイプが極めて少ないです。

そのため現在NURO光はマンションでも個別でホームタイプと同じものを契約するようになっています。

光回線はフレッツ光をはじめ、マンションタイプの月額料金が安いです。おおよそ4,000円前後が多いです。

それに比べるとNURO光は個別で契約するので月額は4,743円になってしまうため、マンションでの契約は他社の方が安いです。

NURO光は工事費が高い

利用する限り工事費は割引で相殺されるので実質無料ですが、毎月の支払額とトータル工事費が高いので、途中解約するとたかくつきます。

まとめ

NURO光はとにかく回線速度に定評があり、遅いという意見は聞きません。

対応エリアは限られていますが、ぜひ検討してみてください。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です